クリックよろしく→競馬ブログ・ランキング

2010年10月18日

河内一秀の「カツラギ的」菊花賞2010前走分析

菊花賞は、3000mという長距離レースなこともあり、晩成型の馬が活躍するケースが多い。よって、春の実績馬と夏の上がり馬の比較が重要となる。

以下は、過去5年の菊花賞優勝馬が過去に記録した最高指数を含む主な指数と着順の一覧である。

■2009年 優勝馬:スリーロールス
57.0 野分特別(1000万下)1着

■2008年 優勝馬:オウケンブルースリ
54.4 神戸新聞杯3着
56.7 阿賀野特別(1000万下)1着

■2007年 優勝馬:アサクサキングス
55.8 神戸新聞杯2着
39.9 宝塚記念15着
56.2 ダービー2着

■2006年 優勝馬:ソングオブウィンド
54.6 神戸新聞杯3着

■2005年 優勝馬:ディープインパクト
59.3 神戸新聞杯1着
59.4 ダービー1着

これを見ると、最近2年間は1000万条件で最高指数を記録して勝ち上がってきた馬が、それ以前の3年間はクラシック路線で最高指数を記録し3着以内に入線した馬が優勝している。

それでは、今年の出走馬の中で条件を満たす馬をピックアップしてみよう。
まずは、クラシック路線で54.6以上の指数を記録し、3着以内に入線した実績のある馬の一覧である。

58.8 エイシンフラッシュ(ダービー1着)
58.8 ローズキングダム(ダービー2着)
55.2 クォークスター(セントライト記念1着)
54.9 アロマカフェ(セントライト記念3着)

次に、クラシック路線以外で56.7以上の指数を記録し、勝利を挙げた実績のある馬を探してみると、該当するのは一頭だけである。

57.1 トウカイメロディ(みなみ北海道ステークス1着)

以上の5頭が条件を満たしているが、セントライト記念組の2頭はダービー組との指数差が大きく、逆転は難しいと思われる。

よって、今年の菊花賞は、ダービー組のエイシンフラッシュ・ローズキングダムに夏の上がり馬トウカイメロディを加えた3頭の争いになると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。
posted by 河内一秀 at 14:00 | TrackBack(0) | コラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41855105

この記事へのトラックバック