クリックよろしく→競馬ブログ・ランキング

2010年10月25日

河内一秀の「カツラギ的」天皇賞(秋)2010前走分析

天皇賞(秋)の過去5年を振り返ってみると、優勝馬の前走は毎日王冠・宝塚記念・札幌記念の3レースで、いずれも2着以内に入線している。その一方で、京都大賞典・オールカマーの2レースからは、優勝馬が1頭も出ていない。

それでは、カツラギ指数をベースにして天皇賞(秋)の過去5年を分析してみることにしよう。

■2009年[優勝馬カンパニー(前走:毎日王冠1着)]
 前哨戦1着馬のカツラギ指数
 59.5 オールカマー
 59.1 宝塚記念
 58.8 毎日王冠
 56.4 札幌記念
 53.4 京都大賞典

→上位3レースが非常に高い指数を記録したなか、最高指数のオールカマーに匹敵する指数を記録した毎日王冠1着のカンパニーが勝利

■2008年[優勝馬ウオッカ(前走:毎日王冠2着)]
 前哨戦1着馬のカツラギ指数
 59.2 毎日王冠
 59.1 札幌記念  
 56.9 オールカマー
 56.9 宝塚記念
 53.2 京都大賞典

→最高指数を記録した毎日王冠2着のウオッカが巻き返しての勝利

■2007年[優勝馬・メイショウサムソン(前走:宝塚記念2着)]
 前哨戦1着馬のカツラギ指数
 58.9 宝塚記念
 58.9 札幌記念
 57.2 毎日王冠
 57.1 オールカマー
 57.0 京都大賞典

→秋の前哨戦3レースのレベルが低く、それを上回る最高指数を記録した宝塚記念2着のメイショウサムソンが勝利

■2006年[優勝馬・ダイワメジャー(前走:毎日王冠1着)]
 前哨戦1着馬のカツラギ指数
 57.4 毎日王冠
 57.2 宝塚記念
 56.7 オールカマー
 56.7 札幌記念
 55.1 京都大賞典

→全体的に低レベルの中、最高指数を記録した毎日王冠1着のダイワメジャーが勝利

■2005 年[優勝馬・ヘブンリーロマンス(前走:札幌記念1着)]
 前哨戦1着馬のカツラギ指数
 59.3 札幌記念
 59.0 毎日王冠
 58.3 京都大賞典
 57.7 宝塚記念
 55.2 オールカマー

→最高指数を記録した札幌記念1着のヘブンリーロマンスが秋の前哨戦組を押さえての勝利

以上のように、いずれの年も前哨戦の中で最高指数あるいはそれに匹敵する指数を記録したレースに出走し、かつ前走で2着以内に入線した馬が勝利している。

次に、今年の前哨戦1・2着馬のカツラギ指数を見てみよう。

■宝塚記念
 57.7 ナカヤマフェスタ
 57.3 ブエナビスタ

■札幌記念
 57.6 アーネストリー
 56.3 ロジユニヴァース

■オールカマー
 56.4 シンゲン
 56.4 ドリームジャーニー

■京都大賞典
 56.4 メイショウベルーガ
 56.0 オウケンブルースリ

■毎日王冠
 56.3 アリゼオ
 56.3 エイシンアポロン

最高指数を記録したのは宝塚記念で、それに次ぐのが札幌記念。一方で、秋の前哨戦は総じてレベルが低い。よって、宝塚記念でナカヤマフェスタ(後の凱旋門賞2着馬)の2着に入線したブエナビスタと、札幌記念を圧勝したアーネストリーの2頭が有力だと言える。特に、アーネストリーは宝塚記念でも3着に入線しており、今年の天皇賞(秋)は、アーネストリーを中心としたレースになると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。
posted by 河内一秀 at 14:00 | TrackBack(0) | コラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41855139

この記事へのトラックバック