クリックよろしく→競馬ブログ・ランキング

2010年11月15日

河内一秀の「カツラギ的」マイルチャンピオンシップ2010前走分析

過去のマイルチャンピオンシップ優勝馬を振り返ってみると、前走の成績よりも、マイル戦での重賞実績や指数実績が重要であることが分かる。

以下は、過去5年の優勝馬の前走とマイル戦での過去最高指数を記録したレースの一覧である。

■2009年 カンパニー
61.8 天皇賞(秋)(1着)
59.0 関屋記念(2007年)(1着)

■2008年 ブルーメンブラット
57.2 府中牝馬ステークス(1着)
59.1 ヴィクトリアマイル(3着)

■2007年 ダイワメジャー
53.4 天皇賞(秋)(9着)
60.8 マイルチャンピオンシップ(2006年)(1着)

■2006年 ダイワメジャー
57.5 天皇賞(秋)(1着)
59.2 ダービー卿チャレンジトロフィー(2005年)(1着)

■2005年 ハットトリック
55.2 天皇賞(秋)(7着)
58.4 東京新聞杯(1着)

以上のように、前走の成績に関わらず、マイル戦で58.4以上の指数を記録し、重賞で1着(G1は3着以内)に入線した実績がある。

次に、今年の出走予定馬の中で上述の条件を満たしている馬をピックアップしてみよう。

59.2 ショウワモダン(安田記念1着)
58.6 スマイルジャック(安田記念3着)
58.5 ジョーカプチーノ(NHKマイルカップ1着)

以上の3頭が条件を満たしている。

よって、今年のマイルチャンピオンシップは、安田記念組の2頭に昨年のNHKマイルカップ優勝馬であるジョーカプチーノを加えた3頭の優勝争いになると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。
posted by 河内一秀 at 14:00 | TrackBack(0) | コラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41855214

この記事へのトラックバック