クリックよろしく→競馬ブログ・ランキング

2011年10月25日

『WIN5×ウマニティ=2億円〜競馬を知らなくても億万長者になれる!〜』発売!

僕も、WIN5攻略に関するインタビューという形で登場しています。

img_view2.php

以下にプレスリリースを転載します。


WIN5×ウマニティ=2億円
競馬を知らなくても億万長者になれる!


人気沸騰中!7万人の会員(2011年9月現在)が自らの予想を競い合うサンスポ&ニッポン放送公認の競馬予想コミュニティサイト『ウマニティ』

『ウマニティ』では、この春JRAに登場した新しい競馬の楽しみ方WIN5のサービスインに合わせWIN5をバーチャルで楽しむことが出来る独自の競馬予想ゲーム「ウマニティWIN5」をスタートさせたところ的中者が続出!

すでに延べ520人が的中、JRAのWIN5での配当金に換算すると、合計で約6億8千891万円を獲得していることが判明した。

とりわけ群を抜いた存在はJRAのWIN5では史上初の「的中者なし」だった9月4日にもゲーム上で予想を的中させていたWIN5の神=『オッティ』

「日曜競馬ニッポン」でお馴染みのニッポン放送のプロデュースで発売する本書は「宝くじより、ずっと高確率だ。 競馬を知らなくても、グループ買いでもOK!次の2億円を手にするのはキミだ!!」をキャッチフレーズに、WIN5の神=『オッティ』と、4人の精鋭プロ予想家、そして高額配当を的中させた10人の凄腕ウマニティユーザーから、WIN5的中の極意を盗み出す競馬を知らなくても億万長者になれる“必勝虎の巻” となっている。

著:ウマニティWIN5研究会
発行:ワニ・プラス
ISBN978-4-8470-9023-3 C0076
定価 1,575円(本体1,500円)
10月25日(火)全国書店・ネット書店で発売!

posted by 河内一秀 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年08月25日

アタッキングゾーン出走&15着

8月21日(日)10R妙高特別に出走しましたが、15着と惨敗に終わりました。

スタートはまずまずでしたが、先行争いに全く付いて行けませんでしたね。

妙高特別 11.8-10.7-11.2-12.3-12.3-12.5=1.10.8

鹿島特別 11.9-10.5-11.3-12.2-12.2-12.9=1.11.0

ラップ的には前走とほぼ同じ流れだったので、楽に追走できる筈なのですが・・・

やはり、除外続きで調整が難しかったのでしょうか?

次走は、少し間隔を開けることになりそうですが、まだまだ先がある馬なので焦らずに立て直したいですね。

posted by 河内一秀 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年08月10日

アタッキングゾーンの近況

6月26日 鹿島特別 8着

1000万以下で古馬との初対戦。好スタートから好位を楽にキープし期待を抱かせましたが、直線半ばで力尽きて8着での入線となりました。ただ、このクラスの古馬が相手でも楽に追走できるスピードは見せてくれましたし、8着といっても0.8秒しか離されていないので、諸々の条件を考えると十分に今後に繋がるレース内容だったと思います。

その後は新潟で続戦の予定でしたが、苗場特別(7月23日)・岩室温泉特別(8月7日)と続けて除外。この条件は出走希望馬が多く、なかなか思い通りに出走できませんね。次は、妙高特別(8月21日)の予定ですが、既に前走から1ヶ月半が過ぎているので、何とか出走させて今後のローテーションを楽にしたいところです。

ちなみに、8月21日は札幌に滞在している予定なので、もし出走が叶えば札幌競馬場で応援します。

posted by 河内一秀 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

バシレウスの近況

脚部不安でスピカステークスを回避し放牧に出ましたが、大きな故障ではなく秋の復帰を目指して順調に夏を過ごしているようです。

次走は、1000万以下からの出直しとなりますが、準オープンでも勝ち負けになる能力の高さは証明済みなので、来年の重賞戦線を目標にあっさりと勝ち上がってもらいたいですね。

posted by 河内一秀 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

スプラッシュエンドの近況

すっかりブログの更新をサボっていましたが、一口出資馬の近況をまとめて書いておきたいと思います。

5月28日 驀進特別 3着

全く見せ場の無かった前走から一息入れて改めて芝への挑戦となりました。スタート直後は流れに乗り損ねた感じでしたが、残り2Fから徐々に追い上げ、残り1Fを過ぎたあたりでは突き抜けそうな勢い。しかし、そこで前が詰まり、ゴール直前で一気に差を詰めるも惜しくも3着入線。実績の無い芝に初の直線競馬とハードルの高い一戦でしたが、見事に結果を出してくれました。これで、今後の選択肢が大きく広がりました。

6月18日 袖ヶ浦特別 1着

前走に引き続いて芝への出走となりました。互角のスタートから前半は中段外目を追走。3コーナー過ぎから徐々に追い上げ、4コーナーでは先頭を射程圏に。直線では早め先頭から逃げ込みを計るツーデイズノーチスを一完歩毎に追い詰めゴール前できっちり差しきりました。念願の芝での初勝利をあげると共に、今までは追ってからの甘さが目立っていたのが中段からの差しきり勝ちということで、脚質的な幅も広がりました。

今後は秋の中山開催を目標に準オープンへの挑戦となりますが、この2戦で様々な課題を克服して大きく展望が広がったので、オープン入りを目指してさらなる成長を期待したいところです。

posted by 河内一秀 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年06月23日

馬券仕分け会議2011【宝塚記念】

今回も出演する予定です。

【USTREAM】馬券仕分け会議:
『春のフィナーレ宝塚記念でボーナス増やそう大作戦』
前回の日本ダービーの結論は
◎オルフェーヴル、▲ウインバリアシオン、○ベルシャザール。
3連単10万馬券を的中させ、見事4連続的中を達成!
もはや、馬券仕分け会議を見ずして馬券は買えないぞ!!
6/23(木)19:30〜下記チャンネルで放送決定!
http://www.ustream.tv/channel/baken-siwake-kaigi
恒例の視聴者『買う・消す』アンケートは20:00過ぎから開始。
早めにUSTの前に集合してください!

posted by 河内一秀 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年05月26日

馬券仕分け会議2011【日本ダービー】

馬券仕分け会議2011を5/26(木)20:00〜(プレ配信は19:30)配信します!皆さんとともに、日本ダービー出走馬をすべて仕分けましょう!
【出演予定】佐藤泉(ラジオNIKKEI)、斎藤修(グリーンチャンネル地方競馬最前線出演)、久保和功(サンスポにて連載中)、金子京介(競馬チェック)、河内一秀(ウマニティ)、岡田大(ウマニティ)、松代弘之、伊吹雅也(競馬ライター)、淵上可奈子(新アシスタント)も注目です!

http://www.ustream.tv/channel/baken-siwake-kaigi

posted by 河内一秀 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2011年05月02日

相国寺

2011050214360000.jpg

景観破壊に反対するのは良いけど、この看板も十分に景観を破壊していると思う(笑)
posted by 河内一秀 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記

2011年04月21日

FLASH続報

2011042023510000.jpg

名前出してくれ〜

ちなみに、皐月賞の刺客はウマニティでもおなじみの栗山求さんです。

posted by 河内一秀 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2011年04月18日

河内一秀の「カツラギ的」皐月賞2011前走分析

以下は、過去5年の皐月賞優勝馬と、各前哨戦のカツラギ指数の一覧である。

■2010年 ヴィクトワールピサ(弥生賞1着)
55.0 ヴィクトワールピサ(弥生賞1着)
54.9 ヒルノダムール(若葉ステークス2着)
54.6 アリゼオ(スプリングステークス1着)

■2009年 アンライバルド(スプリングステークス1着)
55.2 ロジユニヴァース(弥生賞1着)
54.6 ベストメンバー(若葉ステークス1着)
52.5 アンライバルド(スプリングステークス1着)

■2008年 キャプテントゥーレ(弥生賞4着)
55.6 ノットアローン(若葉ステークス1着)
54.6 マイネルチャールズ(弥生賞1着)
53.8 スマイルジャック(スプリングステークス1着)
51.7 キャプテントゥーレ(弥生賞4着)

■2007年 ヴィクトリー(若葉ステークス1着)
55.2 アドマイヤオーラ(弥生賞1着)
53.8 ヴィクトリー(若葉ステークス1着)
51.7 フライングアップル(スプリングステークス1着)

■2006年 メイショウサムソン(スプリングステークス1着)
56.1 メイショウサムソン(スプリングステークス1着)
54.7 アドマイヤムーン(弥生賞1着)
52.3 フサイチジャンク(若葉ステークス1着)

2007〜2009年の3年間は、前哨戦でそれほど指数が高くなかった馬や敗退した馬が指数を伸ばして皐月賞を制しているが、それ以外の年は前哨戦で高い指数を記録して勝利した実績馬が余勢を駆って本番の皐月賞を制している。

それでは、今年の出走予定馬を一覧してみよう。

■スプリングステークス
56.1 オルフェーヴル(1着)
55.4 ベルシャザール(2着)
54.7 ステラロッサ(3着)

■若葉ステークス
55.7 ダノンミル(1着)
55.2 カフナ(2着)

■弥生賞
54.3 サダムパテック(1着)
53.6 プレイ(2着)
53.6 デボネア(3着)

今年は昨年以上にレベルが高い混戦なので伏兵が台頭する可能性は低いと仮定すると、スプリングステークス組のオルフェーヴル・ベルシャザール、若葉ステークス組のダノンミル・カフナが本番でも有望だと言える。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

posted by 河内一秀 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム